これまでの若蔵
2017年
KURA Challengeデビュー作。日本酒を飲み慣れていない方にも飲みやすいように醸造した低アルコールで甘口タイプの味わいは正に飲む北海道スイーツ。オレンジ基調の若々しく力強い商品デザインはメンバーのユニフォームTシャツとして名残を残しています。
2018年
初期メンバーから新たに2名の若手が加わった若蔵2018は若蔵2017をさらに改良し、甘みと酸味のバランスを取った味わいに。グレープフルーツを想わせる柑橘系の酸とお米本来の甘みが調和した食中酒としてもおすすめの純米酒となりました。
商品デザインは「インスタ映え」をテーマに20代前半の女性をイメージした可愛いデザインに挑戦。
2019年
3年目の発売となる「若蔵 KURA Challenge2019」は、お洒落でカッコいい30代男性をテーマに、ちょっと大人な辛口と上品さを求めた辛口の純米吟醸酒を醸造。若い人はもちろん、辛口派の日本酒好きにも楽しんで頂ける味わいに仕上げました。
生酒は無濾過ならではのフレッシュな口当たり、香りは穏やかで様々な料理に合わせやすい味わいに。火入れは生酒より香りが立って味が鮮明になり、様々な温度帯でも楽しめます。商品デザインは過去の若蔵のイメージを覆すようなスタイリッシュなデザインを目指し、辛口をイメージした黒をベースに、シンプルな色調で作成しました。