直売店・工場見学
明治酒蔵(直売店)
1909年に建てられた明治酒蔵は、一世紀の永きにわたり髙砂酒造の変遷を見守り続けて参りました。
竣工当時は、製造から販売までを行っていましたが、2000年から明治の面影を残す髙砂酒造の新しい顔として、「資料館・直売店」に様変わりいたしました。
地元の皆様をはじめ、旭川を訪れる観光客の皆様、全国の日本酒愛好家の皆様に広く親しまれております。
営業時間:9:00~17:30
定休日:年末年始
直売店直通:0166-22-7480
髙砂酒造の看板銘柄「国士無双」「旭神威」ブランドをはじめ、季節限定酒や蔵元限定の蔵酒一番しぼり、生酒など豊富に取り揃えております。
また、試飲コーナーも構えており、お客様1人1人に合ったお酒を見つけることができます。
日本酒以外にも、直売店限定の麹甘酒や日本酒・酒粕を使ったお菓子、オリジナルグッズなど、ここでしか買えない蔵元限定品を取り揃えております。
資料館
先代社長の応接間や陶器・ポスター・看板など、歴史的資料を展示しています。
工場見学のご案内
歴史を感じる佇まいの中、担当者が酒造りの工程をご説明しながら、工場内をご案内いたします。
見学開始時間:10:00もしくは15:00
3日前までの予約制(各時間 先着10名様)
8月11日(木祝)〜8月15日(月)のお盆期間中は、工場見学をお休みとさせていただきます。
メールフォームもしくは電話にてご予約ください。
メールフォームからのご予約の場合、こちらから折り返し確認のご連絡を申し上げます。(土日祝日は休日の為、返信が遅れますので予めご了承下さい。)先着順となりますので、申込後、返信にてお断りさせていただくこともございます。
※未就学のお子さまの工場見学はお断りしております。
※蔵人の作業風景をご覧いただけるのは、冬季の午前中のみとなります。
ご案内する酒造りの工程( 一部 )
①蒸米
精米・洗米・浸漬の工程を経た米を、専用の蒸し機で蒸し上げます。米のでんぷん質を麹の酵素でぶどう糖に変える(糖化)ため、麹が発酵しやすいように米を蒸して軟らかくします。
②米麹
麹造りのための専用室で、蒸した米に種麹をふりかけて培養します。40度近い高温の中、細心の注意を払って蔵人が手作業で麹造りを行います。
③発酵
できた麹と蒸米と水をタンクに入れ、温度管理をしながら発酵させ、もろみを仕込んでいきます。仕込みは3回に分けて行われます。
④貯蔵
発酵を終え、上槽・火入れの工程を経た酒を熟成させるために、定温管理をしながら数カ月~1年程度貯蔵します。